会社概要

創業理念

「和を以って貴しと為す」の姿勢で、心と技術の調和のとれた社員により、末広がりの八の字経営を心がけ、安全で快適な環境づくりを通じて社会の信頼に応える。

一、 和 秀でる
一、 感謝 秀でる
一、 技 秀でる
一、 努力 秀でる
一、 創 秀でる
一、 奉仕 秀でる
一、 知 秀でる
一、 個性 秀でる


社是

    「企業は人」


会長挨拶

弊社は、1964年に八秀興業という名称で設立されました。当時はまだビルメンテナンスという言葉自体がめずらしく、最初は学校施設の清掃が中心業務でしたが、新しいキャンパスの設立にあたって、それまで用務員を雇ってこなしてきた仕事を欧米のように外部委託するということになり、建物の総合メンテナンスを行う会社へと脱皮を図るきっかけになったのです。

その後、1997年には他社同業部門との合併を機に「秀和ビルメンテナンス株式会社」と社名を変更し、事業の更なる拡大を図りました。この「秀和」という名称には、「八つのことに秀でる」という設立時の社名から「秀」を引き継ぎ、合併後は「和を持って成るように」との思いが込められています。

おかげさまで企業としてこれまで順調に歩んでまいりましたが、これは創業以来一貫して「企業は人」であるとの信念を持ち続けてきたからだと思っています。この仕事は、作業に多くの「人」手が必要であることはもちろん、不特定多数の「人」がその施設を快適に使えるよう考えなければなりません。さらに、取引先や協力会社の「人」との関係も重要です。さまざまな「人」と出会い、そしてその人たちとの信頼関係なくして、今の弊社は成り立たないと考えています。

また今日まで、弊社は通常の商業ビルよりも、大学関連の施設を得意としてきました。これは、一方で教育の場における環境整備に寄与したいとの思いがあるとともに、他方では教室・講堂・研究室—いろいろな機械がある実験室なども含め—と多様な施設に対応できるよう、技術を磨き、経験を積み重ねてきたからだと考えています。病院施設などを得意としているのも同様の理由からです。

近年、地球環境について言われることも多いですが、人に良い環境をつきつめていけば、自然に地球にも良い環境が生まれると信じています。一時さえ良ければと考えるのではなく、日常的にできることから行っていくことが大切で、これは人との付き合いも同じだと思います。
「人」を大切にし、「ありがとう」と感謝の心を忘れずに、今後もご期待にこたえてまいりたいと存じます。



代表取締役会長 新井義一

|